マスタケ

この時期、山奥の枯れ木に見られるオレンジ色のきのこ「マスタケ」、これはサルノコシカケの仲間です。
大きく育ってしまうと硬くなって食べられないのですが、幼菌のうちは天ぷらなどにすることが出来ます。
鱒の身のような鮮やかな色は火を通しても消えることがなく、今回のようにバター炒めもまた食用が沸きます。
c0036317_2275315.jpg

c0036317_228890.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-07-09 02:29 | 食いしん坊
<< コキンレイカ (小金鈴花) 梅雨の晴れ間に・・・ >>