ウメガサソウ

きのこや山野草などは常に見るから名前も覚えていられるもので、滅多に無いものは咄嗟に現れると名前が出て来ないものです。
このウメガサソウも以前に一度だけ見たことがあって、苦労して(当時はネットが無くて図書館で・・・)名前を知ったのですが、
今回双六の林道で再び出会うまで覚えておられず、また調べることとなりました。
ウメガサは花の形が梅に似ていて笠のように下向きに咲くために付けられた名のようですが、何かに関連付けて覚えておくことにしましょう。
でも今度また何時会えるかは分かりません、おそらくその時点ではまたすっかり忘れていることでしょうけど・・・
c0036317_02812.jpg

c0036317_021951.jpg

このウメガサソウはイチヤクソウの仲間ですが、鋸歯のある葉が印象的でした。
高山市上宝町双六渓谷にて
[PR]
by yoas23 | 2010-07-17 00:05 | 野山の花
<< 双六渓谷を歩く その5 双六渓谷を歩く その4 >>