コムラサキ

コムラサキ=濃紫
いかにも粋な芸者の名前のようなこの蝶、タテハチョウ科なのでその名のように翅を立てて止まることが多く、
表の派手な色はなかなか拝めないのですが、時々ギャラリーのため?翅を開いて見せてくれます。
しかし本当はギャラリーのためではなく体温の調節のためなのです。
チョウが翅を開いている時は体温を上げるため太陽の光を浴びているのです。
逆に温かくなると閉じてしまいます。
そんな習性をを知っていれば開いた写真も案外簡単に撮ることが出来ます。
c0036317_028195.jpg

c0036317_0281274.jpg

高山市高根町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-07-20 00:29 |
<< 鯖の味噌煮 朝霧 >>