スミナガシの幼虫

7月の初めにコミスジの幼虫を紹介しました。
葉を食べている時に食い残した一部をカーテンのように綴る習性ですが、これは他の蝶にも見られます。
例えばスミナガシ、これも同じように中令幼虫の時は盛んにカーテンを作ります。
今はちょうどその習性が見られる頃・・・アワブキやミヤマハハソの葉先に注意です。
c0036317_7244155.jpg

c0036317_7245250.jpg

それにしても面白い習性ですね。
この後立派な終令幼虫になると堂々と葉表に鎮座してカーテンのことなんかすっかり忘れたように・・・
大きくなった方が鳥などに狙われやすいと思うのですが不思議なものです。
c0036317_159911.jpg

↑ スミナガシの終令幼虫

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-25 07:28 |
<< ワルナスビ 久々野のひまわり園 >>