オオクロニガイグチ

昔はイグチの仲間に致命的な毒のあるものは無いと言われていましたが、最近は少しずつそんなきのこも見付かっています。
このオオクロニガイグチは毒とも食べられるとも記載が無い図鑑が多いのですが、名前からして苦いのか?と思い少し齧ってみましたが苦くは無いようです。
ただこの色でこの大きさだと食べられるきのこでもちょっと引いてしまいますね。
大きなものは直径30cmを遥かに超えていました。
これによく似たミカワクロアミアシイグチはフグ並みの猛毒とか・・・注意しないといけません。
c0036317_4223151.jpg

c0036317_4224318.jpg

c0036317_4225217.jpg

c0036317_423111.jpg

高山市久々野町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-29 04:27 | きのこ
<< イカの塩辛 あのコミスジのその後は・・・ >>