イカの塩辛

何時ものスーパーでまた安いイカを見付けました。
今度は4杯で298円ですがいか飯の時より大きなイカです。
それを使って今回は塩辛を作りました。
c0036317_3165296.jpg

↑ イカは洗ってゲソとエンペラと身の部分に解体します。

c0036317_317296.jpg

↑ ゲソに付いてる腸の部分は使いますので、墨袋はつまんで外します。

c0036317_317123.jpg

↑ 腸の褐色の部分は通称「ゴロ」と呼ばれる部分ですが、先にある他の内臓の部分は切り取ります。
 後は腸をしごいてゴロをボールに入れておきましょう。

c0036317_3172090.jpg

↑ 頭になる身の部分は出来れば皮を剥いておくと生臭味が和らぎます。

c0036317_3172851.jpg

↑  裏ごししたゴロに塩と酒、みりんを適当に加えて混ぜ、細かく短冊切りにした身を入れて和えます。
今回は2杯分の身の部分と4杯分のゴロを使いました。
エンペラとゲソは使いませんでしたがお好みに応じて加えるのも良いかも知れません。

c0036317_3173667.jpg

↑ 密封できる容器に入れて冷蔵庫へ・・・時々掻き混ぜて5日ほどで食べ頃です。
朝食の暖かなご飯には塩辛はよく合います。特に夏ばて気味で疲れた胃には良い刺激となりますね。
[PR]
by yoas23 | 2010-08-30 03:36 | 食いしん坊
<< アメリカシロヒトリの食害 オオクロニガイグチ >>