スケバハゴロモ

爪の大きさほどの小さな昆虫なので周りにいても気付かないものですが、目に止まった時正体が分かり難いのがハゴロモの仲間です。
日本には小さくて地味な4種が住んでいますが、東南アジアには広く美しい種がたくさん棲んでいます。
ハゴロモはちょっと見には蛾のように見えますが実はセミの仲間なのです。
縞模様のベッコウハゴロモの後にこのスケバハゴロモが現れますがその名の通り翅が透けて見えますね。
c0036317_050715.jpg

c0036317_0502182.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-09-03 00:52 | 昆虫
<< 岐阜県警ヘリ  数河のお助け水 >>