飛騨の味まつり 最終回

延々と続いたテント張りの出店も一通り見て周りました。
まだ全ての半分ほどしか紹介出来ていませんがこの辺りでシリーズを終えようと思います。
次回はまた来年にでも続きをレポートして載せようと思います。
c0036317_3162053.jpg

↑ 鯖と言えば福井ですが遠くからの出店ご苦労様です。

c0036317_3162867.jpg

↑ 私は団塊の世代なので直ぐに目に付いた「団塊」の文字、これは食べなくても想像が付きます。
  昔懐かしいお好み焼きですね。

c0036317_3163893.jpg

↑ 休憩所ではバンド演奏も披露されていました。

c0036317_3164657.jpg

↑ こちらは普通の五平餅、味付けはあぶらえ味噌のようですね。

c0036317_3165657.jpg

↑ 富山県の魚津市からは「丸かぶり蜃気ロール寿司」、蜃気楼とロールした寿司をもじってのネーミングです。

c0036317_317449.jpg

↑ 下呂からはあまごの塩焼き、こちらも良い香りが漂っていました。

c0036317_3171392.jpg

↑ 最後に紹介のものは飛騨牛乳の新製品「おいしくてごめんネ」牛乳、普通のより高いですがこくのある美味しさは絶品です。
  この味まつりには色々な美味しいものがあり本当にどれも美味しそうでしたが、
  最後にこの「美味しくてごめんね」の文字が何と無く〆の言葉と感じました。
[PR]
by yoas23 | 2010-09-21 03:28 | 飛騨高山 四季の旅
<< 菊芋の風景 チチタケうどん >>