11月の八重山

2004年11月19日より26日まで八重山へ行って来ました。 石垣、西表へはもう何度も訪れていますが、何度行っても新しい発見があります。  
最初は美しい南国の蝶を見たくて行ったのですが、最近では違った面白味を見つけ、ますます熱が上がり、帰る早々今度の予定を立てる始末で、暫くは八重山通いが続きそうです。  
c0036317_1511796.jpg

↑ サンゴ礁の海、エメラルド色の遠浅の波静かないかにも南国情緒を感じます。

c0036317_15125922.jpg

↑ 白砂の浜辺の吹通川です。

c0036317_15133492.jpg

↑ 南国と聞いて思い浮かぶのはジャングル・・・ 西表島の仲間川はそんなイメージがピッタリの場所です。

c0036317_15135523.jpg

↑ 背丈ほどもある大きなサトイモのような植物、じつはクワズイモと言って食べられませんが、スコールの時は傘になりそう・・・。

c0036317_15144778.jpg

↑ 仲間川散策の途中で見かけたパパイヤ・・・これは畑に栽培されているものではなく自然のものです。

c0036317_15151757.jpg

↑ 仲間川遊歩道を1時間ほど歩くと展望台があり、そこからの眺めで、下を流れるのが仲間川、流域にはマングローブの林が広がります。

c0036317_1515485.jpg

↑ 西表で気に入って定宿としているペンションがあり、そこの庭にある椰子の木、気を付けて見れば島内いたる所で南国の果物の木に遭遇することができます。

c0036317_15161328.jpg

↑ 沖縄の人たちは神様を信じる気持ちが強く、それは祖先に対しても同じであり、神社、仏閣などを大切にお祀りすると聞きますが、きれいに手入れ、掃除された神社を見ればそれも頷けます。
[PR]
by yoas23 | 2004-11-25 18:36 | 遠くまで・・・
<< 何時もの風景 (夕日を浴びた乗鞍岳) 高ボッチ山のヒメヒカゲ >>