さるなしの季節

秋になると山の幸シリーズで年に一度は登場する木の実、もうさるなしが熟す頃となりました。
この蔓はマタタビに似たものですが、渋い実のマタタビに比べ甘いところが好まれています。
さるなしは和名で、東北などでは「こくわ」、飛騨では「こくぼ」と呼んでいます。
地方名が色々有ると言うことはそれだけ馴染みの深いものと言えますね。
c0036317_0165258.jpg

c0036317_017387.jpg

c0036317_0171223.jpg

c0036317_0172122.jpg

c0036317_0173193.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-09-28 00:19 | 日々の発見
<< 木の皮を剥いだのは誰? すくなかぼちゃ >>