能登半島 民宿漁火

一泊の能登の旅、今回お世話になったのは輪島市の「漁火」市街地からは遠く離れての一軒宿です。
宿の主人の話では絶壁の僅かな平坦地のこの場所は海抜36m、地形的に川が無いので湧き水が水源とか・・・
その水で作った米や野菜と海の幸でのもてなしは最高でした。
また温泉は天然温泉で輪島市内からタンクローリーで運ばれているそうです。
友人との三人旅で舟盛りを入れても一人一泊二食8,000円、建物の良さも含めて気に入りました。
c0036317_2474371.jpg

c0036317_2475321.jpg

c0036317_248397.jpg

c0036317_248135.jpg

c0036317_2482412.jpg

高山に居ても新鮮な魚が食べられますが、やはりここの刺身は違います。
コリコリとした歯ごたえと甘味のある味は日本海の魚独特です。
舟盛りはブリ、ヒラマサ、スズキ、甘エビ、スルメイカでした。



[PR]
by yoas23 | 2010-12-08 02:57 | 小さな旅
<< 能登半島 輪島朝市 能登半島 ゾウゾウ岩 >>