枯れたオオバギボウシ

やがて雪の下になると潰れてしまう運命の最後の美しさとでも言いましょうか、
崖ではまだこんなものも見られます。
透き通るような黄金色が何とも美しく感じました。
オオバギボウシは春には「ウルイ」と言う名前で馴染みの山菜です。
このブログにも何度か登場しましたが秋は初めてです。
c0036317_5533082.jpg

c0036317_5534114.jpg

c0036317_5535235.jpg

飛騨市宮川町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-12-15 05:53 | 野山の花
<< シマアジ 能登半島 ぼら待ちやぐら >>