霧氷

飛騨には花咲か爺さんが住んでいて枯れ木に花を咲かせているようです。
冬の晴れた日の寒い朝は時々美しい霧氷が見られるのですが、
それは放射冷却によって盆地には霧が立ちこめそれが凍ったものなのです。
よく見ると先の尖った結晶のような形をしていて、気温によって形が違うところも面白いです。
しかし日が昇ると忽ちに消えてしまうため観察にはタイミングが必要です。
c0036317_549262.jpg

c0036317_5493849.jpg

c0036317_5494771.jpg

c0036317_5495643.jpg

c0036317_550770.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-02-06 05:59 | 日々の発見
<< 白鳥 雪像造り >>