2011年雪の飛騨の里 6

さて「雪の飛騨の里」の続きで今日は若山家周辺です。
飛騨の里にはいくつかの茅葺の旧家がありますが若山家は西岡家と並んで大きな方です。
c0036317_5272871.jpg

↑ 結構屋根には雪が積もっていますが大きな家なので大した量でもないように見えますね。

c0036317_5274792.jpg

↑ 苔生した茅葺屋根につららが下がっていました。  先が折ってあるのは落下して怪我の無いようにとの配慮でしょう。

c0036317_5275847.jpg

↑ 道下から見た屋根の雪ですが今年は黄砂が少ないのできれいな色です。

c0036317_528107.jpg

↑ 急な勾配ですが屋根に雪止めはありません、雪下ろしをしなくても良いようにとのことですが雪崩れには要注意ですね。

c0036317_5282177.jpg

↑ これは野辺のお地蔵様、冬の光が雰囲気を柔らかく作っていました。

c0036317_528469.jpg

↑ 西側の杉木立から眺めた若山家です。
[PR]
by yoas23 | 2011-02-18 05:32 | 飛騨高山 四季の旅
<< 2011年雪の飛騨の里 7 ヒガンフグ(彼岸河豚) >>