「雪像作り」その後

2月5日の記事で紹介したうさぎの雪像は結局個人の部で1位の快挙を成し遂げたのですが、
その後の気温の上昇によって見る影も無いほど融けて形が崩れていました。
しかし先日訪れたら前のものはすっかり片付けられて、一体だけのうさぎが新たに作られていました。
ところがこのうさぎ、正面を向いていません。
店の人に「何か物語がありそうですね?」と聞いたところ「融けた友達のことを思い寂しがっている様子です」とのこと。
続編があるなんて素晴らしいと思いました。
c0036317_4225481.jpg

c0036317_423585.jpg

↑ でもどんな表情か見てみたくてガラスに映った顔を・・・
[PR]
by yoas23 | 2011-02-28 04:24 | 日々の発見
<< 何時もの風景 (春の予感) 2011年雪の飛騨の里 13 >>