オニチョロ

渓流釣りの好きな人には聞き慣れた名前ですが、オニチョロは俗名で実際はオオヤマカワゲラという昆虫の幼生の姿です。
3月1日には飛騨の渓流も解禁になりましたがこの時期の餌と言えばキンパクが良く使われます。
そのキンパクを数倍大きくしたのがこのオニチョロ・・・数倍大きいので喰って来る岩魚も大きいという訳で大物釣りが期待されます。
昔、渓を詰めた滝壺にこれを付けて放り込んだ時、すかさず40cmほどのが食って来た時のことが思い起こされます。
c0036317_6242276.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-03-10 06:27 | イラスト・スケッチ
<< ゲレンデに現れたミナモ なかなか春になりません・・・ >>