2011年春の高山祭り 其の4

今回は獅子舞について取り上げてみましょう。
神社の神楽に欠かせないものの一つに獅子舞がありますが、
これは古くより伝えられる厄病退治や悪魔払いとしての意味があります。
獅子頭は空想のものでそれを被って舞うことにより現世を超えた世界と接触出来るとされています。
そのため祭り行列の先を歩き道を浄める役割も果たします。
日枝神社ではいくつかの獅子舞があるようですが今回は子供が中心となった舞に出会うことが出来ました。
この時は朝早くで舞い始めだったせいか少し緊張する場面もありましたが、慣れた頃はもっと見事に披露出来たことと思います。
c0036317_0305494.jpg

c0036317_0316100.jpg

c0036317_0311666.jpg





[PR]
by yoas23 | 2011-04-17 00:34 | 飛騨の国紹介
<< 2011年春の高山祭り 其の5 下呂の苗代桜 >>