アズマシロカネソウ

以前にも紹介している山野草ですが、私は何故かこの花が好きなので見かけたら撮ってしまいます。
それだけ遭遇するのが稀な植物です。
それはこの植物が好む環境が湿った所を好むからでしょう。
もっともシロカネソウは裏日本に広く分布するようで乾燥した表日本では見らません。
アズマと名が付いているのは東の意味、福井県を境に西にはサンインシロカネソウが分布しているようです。

またキンポウゲ科には毒草が多いのですが毒も上手く使えば薬と言うことで、この植物も薬用として利用されているようです。
薬効としては食欲不振、神経痛、リューマチなどに良いとのことです。
c0036317_620247.jpg

c0036317_6203376.jpg

c0036317_6204211.jpg

富山市婦中町にて
[PR]
by yoas23 | 2011-04-26 06:22 | 野山の花
<< 山王峠 夜明けの乗鞍 >>