新緑の宇津江四十八滝 14

先月の29日より載せて参りました四十八滝シリーズもいよいよ今回が最後となりました。
あれから3週間、新緑だった森も既に緑も濃くなったことと思います。
これから夏になると涼を求めに行く人で賑わうことでしょう。
c0036317_2274845.jpg

↑ 滝への入り口にある桂の木です。節くれだった太い茎が年数を感じさせますね。

c0036317_2275983.jpg

↑ 見上げれば桂独特の丸い葉っぱが並んでいます。

c0036317_2281155.jpg

↑ 足元に見られたのはミヤマイラクサ、新芽を信州では「あいこ」と呼び山菜として人気があります。

c0036317_2282884.jpg

↑ モミジと清流。

c0036317_2292580.jpg

↑ このモミジの花も今頃はトンボに成長しているでしょうか・・・

c0036317_2294045.jpg

↑ 見上げると青空!涼しい最上部から比べると標高差の分だけ気温が高いのに気付きました。
[PR]
by yoas23 | 2011-06-19 22:20 | 飛騨の国紹介
<< ちょっと遅かった「なんじゃもんじゃ」 新緑の宇津江四十八滝 13 >>