ツマキチョウ

モンシロチョウのように白い蝶ですがそれより一回り小さくて春にしか見られないのがいます。
これもスプリングエフェメラルの一つ、ツマキチョウです。
野生のアブラナ科植物に産卵するので町中では滅多に見られませんが少し山手に行けば春には時々見られる蝶です。
日本にこの仲間は2種類生息していて、
これに良く似たクモマツマキチョウという美しい種は分布の西限が高山市の東部となっており、飛騨では貴重な存在です。
c0036317_2404324.jpg

最初の写真では何処に写っているか分かり難いですね。
(答えはMoreで・・・)

c0036317_2405822.jpg

c0036317_2411041.jpg

今回のはすべて雌ですが、雄は名前の通り前翅の爪先に黄色い紋があります。
しかし飛んでいる蝶を写すのは難しいものですね~ (撮影は5月24日)



拡大してみました。
c0036317_2445258.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-06-24 02:47 |
<< ノウゴウイチゴ ウツギ >>