コオニヤンマ

先日山道を車で走っていたら舗装された道路に止まっていたトンボが驚いて飛び立ちました。
それも1匹、2匹ではなく50mほどの等間隔で幾つもの個体が止まっているようです。
これには何か理由がありそうですね。
アスファルトの熱を身体に吸収しているのか、
それとも止まっているのは雄のみで、見通しの良い道路上を通りかかる雌を待っているのか・・・
ひょっとしたらその両方かも?想像は尽きません。
c0036317_2355379.jpg

c0036317_23554997.jpg

c0036317_2356038.jpg

コオニヤンマはオニヤンマと良く似ていますが、オニヤンマはオニヤンマ科なのに対しコオニヤンマはサナエトンボ科でそもそも違うグループです。
形態的にはオニヤンマの複眼が左右くっ付いており、コオニヤンマは写真のように両眼の間が離れています。
また眼の後にある角のような突起もコオニヤンマの特徴です。
高山市一之宮町にて
[PR]
by yoas23 | 2011-07-30 00:09 | 昆虫
<< 実りに向けて・・・ クガイソウ >>