山芍薬

毎年決まってゴールデン・ウイークに花を咲かせる我家のヤマシャクヤク。
私はお茶を嗜むほど余裕のある人間ではありませんが、
このような花が茶花として生けられているのを見たら、より「詫び寂び」の世界も近くなるのではないかと思います。
飛騨ではいたるところで見られますが案外知られていません。
それは他の花に比べ花期が短いからでしょう。
一雨降れば散ってしまう潔さは桜の比では無いです。
c0036317_5502992.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-05-07 05:51 | 野山の花
<< 御岳 ヒトリシズカ >>