イワナシ

料亭で頂いた胡麻豆腐の上に、酒に漬け込んだ小さな果実が載せてありました。
その山椒の若葉と共に飾り付けてあったそれはすぐイワナシの実と知ることができました。
子供の頃土手に生った実の皮を剥き、乾いた口に入れた時の甘酸っぱい感覚が蘇って来ます。
聞けばこのイワナシの実はキロ数万円もするということでした。
それもそのはず小さな株から採れる量も知れている上、群生しているような場所も少ないからです。
花は可愛い小さなピンクの釣鐘状で、歩き疲れた山道で出会えばそれを口実に小休止出来そうですね。
c0036317_650581.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-05-18 06:53 | 野山の花
<< チューリップまつり 何時もの風景 (乗鞍) >>