コマクサ

高山植物の女王と呼ばれるコマクサは乗鞍でも人気の高い花ですが、
好んで生育する場所がお花畑ではなく砂礫地であるため見られる場所が少ないです。
群生地は各所にあるのですがその多くは立ち入り禁止となっています。
不用意に立ち入れば砂礫を崩し、たちまち枯死させてしまうからです。
しかし魔王岳登山路周辺や鶴ヶ池畔などには、以前の営林署職員の方達が種を植えられた一角があり、
そこは観光客のためのスポットとなっています。
しかし国立公園だから景観を変えるのは禁止されているためか、最近ではこうしたことが継続されていません。
自動車で容易に観光客を受け入れている乗鞍では、もっとこうした配慮が必要なのかも知れないと思うのですが・・・
c0036317_635510.jpg

鞍岳鶴ヶ池畔にて
[PR]
by yoas23 | 2005-07-23 06:04 | 乗鞍岳の高山植物
<< ウサギギク ミヤマダイコンソウ >>