ミヤマゼンゴ

白く細かい花のセリ科は乗鞍にも種類が多く、平湯峠からスカイライン沿いにはシシウドやアマニュウ、オオカサモチなどが、
標高を上げて2500m辺りにはハクサンボウフウ、シラネニンジン、ミヤマセンキュウ、それにこのミヤマゼンゴ。
それぞれによく似ているため見分けにはコツが要りますが、慣れると簡単に区別が付きます。
ミヤマゼンゴの草丈は50cmほど、花は饅頭型に丸みを帯びます。
c0036317_6551413.jpg

乗鞍岳桔梗ヶ原にて
[PR]
by yoas23 | 2005-07-26 06:58 | 乗鞍岳の高山植物
<< ハクサンボウフウ ウサギギク >>