イワウメ

イワヒゲ同様岩の割れ目に根を張り密生していて、花は梅の形でより黄色未を帯びています。
乗鞍ではイワヒゲより見付けやすく、大黒岳、富士見岳、摩利支天岳、剣ヶ峰などでは普通に見られます。
登山の賑わいは何と言っても夏休みですが、その頃はもうすでに大半の高山植物の花の時期は終わっています。
良い天気に恵まれることは少ないですが、梅雨の時こそ花の見頃であり、雨粒で装った姿もまた可憐さが増すと思います。
c0036317_513118.jpg

乗鞍連峰 富士見岳にて
[PR]
by yoas23 | 2005-08-07 05:23 | 乗鞍岳の高山植物
<< ミネヤナギ ホシガラス >>