ガンコウラン (実)

蘭でもないのに「ラン」という名が付いており、語源でも・・・と思い調べてみたが、なかなか詳しくは分かりません。
丈は10~15cm、雌雄異株で花は雄花、雌花とも茶褐色や濃い紫色ですが、見付け難いくらい細かい花です。
実は小豆よりやや大きめで黒い色をしていて、乗鞍ではいたるところにありますが、
魔王岳園地の下の階段左側や畳平のお花畑でも見られるので、実の付くこの時期特に探して見てほしいと思います。
c0036317_856772.jpg

c0036317_8562333.jpg

いずれも畳平のお花畑にて
[PR]
by yoas23 | 2005-08-23 08:58 | 乗鞍岳の高山植物
<< タカネナナカマド (実) ミヤマコウゾリナ >>