ハリブキ

葉や茎に棘があることからこの名が付いたようです。
モミジのように切れ込みがある厚みを持った葉は、なかなかの存在感がありますが、触るには気持ちを落ち着ける必要があります。
と言うのもこの棘は鋭く、無造作に触れると痛い目に会うこと請け合いだからです。
実はブドウの房のような形をしており、色は真っ赤でこれまた人を寄せ付けないような威厳を感じさせますね。
c0036317_1440332.jpg

乗鞍スカイライン大崩山にて
[PR]
by yoas23 | 2005-08-26 14:45 | 乗鞍岳の高山植物
<< 霧の海 イワヒバリ >>