オオヒョウタンボク

実の形がまるで瓢箪のように見えることから付いた名ですが、赤い瓢箪というのもなかなかお洒落なものですね。
深い秋の空の色に映えた真っ赤な実は、まるでアキグミのように食べられそうな気もしますが、
実はこれには毒があり食用には出来ません、誤って食べないように・・・。
スカイラインでは大崩山から四ッ岳付近に、エコーラインでは位ヶ原山荘から肩の小屋口付近に多く見られます。
c0036317_922542.jpg

乗鞍スカイラインにて
[PR]
by yoas23 | 2005-09-02 09:04 | 乗鞍岳の高山植物
<< タカネトリカブト ハイマツ >>