ミヤマクロユリの種

花が終わった後に実を結ぶのは植物の世界では当たり前のことですが、案外結実する株は多くないようです。
受粉の仕方にはいろいろありますが、クロユリの場合は虫媒がほとんどです。
高山のような過酷な条件下では飛ぶ昆虫も少ないと思われ勝ちですがそれが案外多く、
特に天気が良い日は花アブや小型のハチなどが、お花畑を飛び回っている様子を観察することが出来ます。
それならば当然結実する筈なのですが、ミヤマクロユリの種は花の数からして極めて少ないものです。
花の色形が虫に好まれないのか?それともちょうど花の頃、虫が飛べない天気の悪い日が多いのか、
どうもそんなところが原因なのかも知れないですね。
c0036317_10371190.jpg

畳平のお花畑にて
[PR]
by yoas23 | 2005-09-05 10:46 | 乗鞍岳の高山植物
<< ベニバナイチゴ(実) ネバリノギラン >>