ミネウスユキソウ

ヨーロッパのアルプスではエーデルワイスの名で広く知られるのがこの仲間です。
ウスユキソウ類は高山帯各地に多いのですが、その土地での進化が激しくいくつもの種に別れており、
乗鞍にあるものはミネウスユキソウと言います。
一見花のように白く見える部分の大半は茎上部の葉であり、本当の花は小さくてよく観察しないと分かり辛いです。
石がごろごろした場所や石垣などの岩場を好み、スカイラインでは土俵ヶ原周辺などででよく見かけます。
c0036317_814710.jpg

乗鞍スカイライン 桔梗ヶ原にて
[PR]
by yoas23 | 2005-09-17 08:17 | 乗鞍岳の高山植物
<< ミヤマタンポポ エゾシオガマ >>