クロクモソウ

花と言ってもパッ!とした美しさが無く地味ですが、その造形は何となく親しみを感じるものです。
名前の由来は、花の形が「黒雲を張ったような」と表現されるのですが、そう言われればそんな風に見えてくるから不思議です。
通常は湿った薄暗い場所を好み、下の写真のように側溝の石垣にも根を下ろしていることがあります。
c0036317_15372225.jpg

c0036317_15402085.jpg

(上) 乗鞍連峰 金山岩にて (下) 畳平のお花畑にて
[PR]
by yoas23 | 2005-09-28 15:43 | 乗鞍岳の高山植物
<< アラシグサ オヤマリンドウ >>