キバナコマノツメ

高山帯である乗鞍に生育する黄色いスミレは2種類があると言われており、タカネスミレとこのキバナコマノツメです。
タカネスミレの方はちゃんとスミレと名前が付いているのに、こちらにはありません。
キバナの黄色い花と、コマノツメは駒の爪・・・すなわち馬の蹄のことであり、葉っぱがいかにも馬の蹄に良く似ているというところから来たらしいです。
植物の名前を覚えるのは難しいですが、案外このようなことを理解していれば、思い出すのが簡単ですね。
乗鞍スカイラインの7kポスト付近や畳平のお花畑などに見られます。
c0036317_16352023.jpg

c0036317_16353268.jpg

乗鞍スカイラインにて
[PR]
by yoas23 | 2005-10-08 16:41 | 乗鞍岳の高山植物
<< オタカラコウ ヤマハハコ >>