オタカラコウ

房状に黄色い花を付けるこの雄宝香とは、何とも有り難い名前ですね。
似たものでは雌宝項(メタカラコウ)というのもありますが、オタカラコウに比べ花弁の数が少なく、やや寂しい感じがします。
これらの花は山間地の沢の源流の草付を好み、マルバダケブキやトリカブトなどと共に高茎草原のお花畑を形成しています。
c0036317_7591698.jpg

乗鞍連峰 大丹生岳にて
[PR]
by yoas23 | 2005-10-09 08:02 | 乗鞍岳の高山植物
<< イワツバメ キバナコマノツメ >>