ナラタケ

飛騨では通称「もたせ」と言う名で通っています。
「もたせ」と呼ばれる物には他にクリタケやナラタケモドキなども入っており、固有の名前ではありません。
これは昔は個別の名前が必要ではなかったので、食べられたらそれで良いということだったのでしょう。
動植物の名前が付けられたり、同定され始めたのは明治に入ってからで、欧米の・・・特に英国の影響からです。
このきのこはもちろん食べらますが、繊維質が強いのでたくさん食べると消化不良を起こすこともあります。
味噌汁、炊き込みご飯、煮付けなど広く利用できます。
c0036317_1233028.jpg

c0036317_11254262.jpg
c0036317_11255299.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-10-15 11:25 | きのこ
<< ヌメリスギタケモドキ ブナハリタケ >>