コガネタケ

黄金茸と書いてコガネタケ、縁起の良い名前です。
きのことしては大型で傘の直径が10cm以上になり、秋に山道の路傍に群生するのを見付けた時などは「ハッ!」と驚くほどです。
特徴として茎や傘全体が黄色い「きなこ」状の粉に覆われていて触るとそれが手に付きます。
食用になるらしいですが、私はまだ食べたことがありません。
しかし先日この写真を撮った時に採取したものは現在味噌漬けと半分は乾燥にて保存中、さてどんな味がするか?楽しみです。
c0036317_9294941.jpg
c0036317_9295965.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-10-21 09:32 | きのこ
<< 乗鞍に新雪 オシロイシメジ >>