シモフリシメジ

飛騨の地方名は「シバカブレ」、紅葉の頃に発生し、落ち葉の下になるところから「芝被れ」と言われるのでしょう。
和名は霜の降りる頃のシメジだからシモフリシメジ、良い名前です。
シメジの仲間は列をなしてることが多く、一本見付けたら辺りをよく探すと思わぬ収穫となります。
食用になる第一級のきのこで、きのこご飯、汁物、煮物、天ぷら、何にでも合いますが、
特にうどんに入れると良いだしが出て美味しく戴けます。
c0036317_740079.jpg

c0036317_7402499.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-10-25 07:41 | きのこ
<< ニガクリタケ ベニタケの仲間 >>