タヌキノチャブクロ

成長して乾いたものをつぶすと、埃のような胞子が出ることからホコリタケというきのこの仲間であるが、朽木や切り株に発生するものはタヌキノチャブクロ、地上のものはキツネノチャブクロといって区別している。
まだ若く弾力のあるうちなら食用になるらしく、マシュマロみたいで案外良い食感なのかも知れない。
c0036317_1224280.jpg

c0036317_12241254.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-11-14 12:25 | きのこ
<< たこくん スモークド・チキン >>