コガネウスバタケ

きのこの姿を求めての山歩きもすっかり慣れて来たが、山はそろそろ降雪期を迎え、飛騨のきのこシーズンも終わりに近づいた。
枯葉ばかりが目に付いて、きのこなど影も形も無いようだが、ふと目を凝らしてみると細い枯れ枝などにこんなきのこが見られる。
コガネウスバタケという多孔菌の仲間だそうだが、食用きのこの出盛りには見過ごしていた種である。小さいが連なった傘は一つの幾何学模様のように並んでいた。
c0036317_931227.jpg

c0036317_932840.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-11-20 09:05 | きのこ
<< お気に入りの風景 ナメコ >>