大晦日 飛騨鰤

飛騨高山の年越しには飛騨鰤が欠かせない。
「飛騨ブリ」といえば。いかにも飛騨で水揚げされたような名前が付いているが、獲れるのは富山湾。
塩鰤として加工されたものが高山を経て信州まで運ばれたことから「飛騨ブリ」の名前が付いた。
天然のブリは高価なもので、一切れが千円以上するのが普通である。養殖のブリも出回ってはいるが、人気があるのはやはり天然である。
今年も無事に鰤が頂ける喜びを噛み締めながらの年越しである。
c0036317_1755168.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-12-31 17:55 | 食いしん坊
<< お正月 〆縄 冬のカモシカ >>