宮川の朝市

飛騨高山の名所と言えば代表が古い町並みであるが、陣屋前と宮川べりの朝市もまた高山らしい風情がある。
輪島、と房総勝浦と並んで日本の三大朝市に数えられるが、他との違いは海産物が無いことである。
しかし、農産物を加工した漬物や味噌など飛騨独特のものが並べられている。
近在の農家の主婦が持ち寄った野菜で始められたが、最近ではさるぼぼ(赤い布で作った赤ん坊の縫い包み)や木工細工なども並ぶ。
以前鍛冶橋近くで売られていたサツマイモの壷焼きが懐かしくて出向いたが、いつの間にかその店は姿を消していた。
c0036317_19421575.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-02-04 19:43 | 飛騨高山 四季の旅
<< 酒蔵めぐり 飛騨の昔遊び 節分 >>