飛騨の昔遊び 切手の収集

子供の頃の収集癖は別に切手に限ったことではなく、手当たり次第に何でも集めていたような気がするが、特に切手には思い入れがある。
我々がストックブックに切手を貯めていた頃は、ちょうど切手趣味週間の「写楽」や「ビードロを吹く娘」が、また「花切手シリーズ」などが売り出された頃で、発売日の早朝に郵便局に並んでは買い求めた。

(上は「写楽の海老蔵」下は「ビードロを吹く娘」)
c0036317_635395.jpg
c0036317_6355060.jpg

それでもそれより古いものは交換でしか得られなくて、出し渋る相手のご機嫌を伺いながら取り替えたものであった。
なかなか手に入らず、苦労の末加えられたものに、「月と雁」や「見返り美人」などがあるが、年を重ねた荷物と共に押入れにでも眠っているのだろうか?最近目にしていない。

(上は「月と雁」下は「見返り美人」)
c0036317_637135.jpg

c0036317_6372359.jpg

数年前に千葉県の鋸南町を旅したことがあり、菱川師宣美術館?で見返り美人を目にした時は、しばし昔の切手のことを思い出すことが出来た。
[PR]
by yoas23 | 2006-02-27 06:48 | 飛騨の昔遊び
<< 飛騨の昔遊び 市内周りの定期バス 大前牛肉店 >>