ノカンゾウ

何の変哲も無い普通の草に見えるが、夏には橙色のユリの花を付ける。
山里の畑の傍らや土手などでよく見かける植物である。
子供の頃はこの葉っぱを10cmほどに千切り、口に咥えて鳴らしたもので、その音から「ピー・ピー菜」と呼んだ。
花蕾は特に食用になるということで食べたことがあるが、歯ざわりは良いもののあまり美味しいものではなかった。
雪が融けて日当たりの良い場所ではもうこんなに緑鮮やかな草が見られるが、春とはいいもんだな~とつくづく思う時だ。まっすぐ伸びた葉は生命力の強ささえ感じさせる。
c0036317_6195719.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-03-28 06:25 | 野山の花
<< 飛騨の昔遊び 陣地取り 飛騨の昔遊び 針穴写真機 >>