山葵

山葵と書いてわさびと読むのはご存知のことと思うが、ワサビの葉は葵の紋に似ているところから来ている。
信州や伊豆では栽培しているので大きな根になるが、自然のものはあの半分くらいのものである。
それでも天然のものはやはり香りが違う。
以前岩魚釣りに興じたことがあって、醤油持参で釣った岩魚をさばき、谷川のワサビを川原の石ですり下ろして刺身で食べたことがあり、あの時の味は今でも忘れない。
また花蕾や新葉を葉ワサビとして頂くが、これもまた季節の味で「つ~ん!」とした刺激が何とも言えないものである。
最近は根こそぎ採取する人が増えて、近くの山では少なくなった。
そのため深山に分け入らねばならず。大切にしたい山菜である。
採取の場合は小さな根のものはそのまま残しておくこと、また根の一部は砂地に埋めておくことで再生する。
c0036317_5320100.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-04-29 05:41 | 山菜
<< あなたは誰? 飛騨の昔遊び 船 >>