クグミ

クグミとはクサソテツのことで、クゴミとも言う。
雪融けにいち早く目を出すため早春の山の幸である。
また葉が広がるのが早く、ぼやぼやしてるとすっかり伸びてしまい食べられなくなってしまうため、人々は先を争って山に入る。
摘み取るのはゼンマイ状になってる丈の短いもので、茹でてからマヨネーズやワサビ醤油、胡麻和えなどに、また天ぷらにも向く。
ゼンマイと同様、収穫のマナーは2~3本残しておくこと、そうすれば株が痩せないで毎年太いものが出てくるのである。
c0036317_9581653.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-05-07 10:00 | 山菜
<< ギフチョウの顔 キツネ >>