ニホンザル

飛騨も山奥ではよく猿の群れに出くわすことがあるが、最近問題になっている日光や大分などのように、人に危害を及ぼすような話は聞かない。
飛騨の猿は臆病そのもので何時もこんなに遠くの,また逃げる写真しか撮れない。
人との間合いを取りながら細々と生きている彼らに愛着さえ感じてしまう。
今の世と違い都会との交流が少なかった時代、飛騨人は都会人に比べ自分達を卑下して「飛騨の山ザル」と言ったが、何とも素朴な呼び方である。
山道で猿に出会うたび、ついついそんなことを思ってしまう。
c0036317_563542.jpg

飛騨市神岡町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-05-28 05:16 | 日々の発見
<< 朴の木の花 乗鞍岳 >>