おとしぶみ

初夏の山道を歩いていると時々筒状に包んだ葉っぱが落ちている。
最初は誰かのいたずらか?と思ったが、場所を変えても落ちている。
鉛筆ほどの太さで2cmくらいの長さに硬く巻かれた葉を解いてみると、中には小さな楕円形の卵が入っていた。
図鑑で調べたら甲虫の仲間のオトシブミの卵と分かった。
母虫は孵化した幼虫が充分食べられるほどの大きさの葉を選んで、その中に卵を産み付け硬く巻いて、地上に落とすという。
落とす文(巻物)のようなものだから「落とし文」か・・・、なるほど!。
オトシブミは体長1cm足らずの大きさであるから、この作業は大したものである。
幼虫を安全に育てるために身に付けた術かも知れないが、何故か芸術的な感じさえもする。
c0036317_4493282.jpg

飛騨市神岡町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-05-31 04:54 | 昆虫
<< フキ ウルイ(ギボウシ) >>