アヤメ

「いずれがアヤメかカキツバタ」と言われるアヤメであるが、花弁に網目模様のある方がアヤメと聞く。
キーボードで「あやめ」と打って変換すれば「菖蒲」が出てくるが、ややこしいことに菖蒲(ショウブ)の花はまた違う。
菖蒲の花ははどちらかと言えばカキツバタに似ている。
アヤメ、ショウブ、ハナショウブ、カキツバタ・・・は、どれがどれと違ってどれが同じもの?・・・・。
冒頭の句のように、似たもの同士の区別は昔から困難だったことが伺い知れる。
菖蒲やカキツバタは庭園などによく植えられているが、アヤメは田んぼの畦の花のイメージが強い。
ガーデンの花にはなりきれなかったのだろう。
しかし柄は小さくとも、団体ではなく数本が咲いている様は日本の田園風景の代表と言えるのではないだろうか。
c0036317_5202411.jpg

c0036317_5204438.jpg

高山市国府町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-07-03 05:26 | 野山の花
<< 飛騨の昔遊び 蛍狩り 車屋さん >>