ヤマクワガタ

中部地方から関東北部の限られた場所にしか見られないというヤマクワガタは、高山植物の仲間に入れている図鑑もある。
しかしどちらかと言えば標高1.500m辺りに多く、いわば深山の花だろう。
やや湿った沢沿いを好み、数株が群生する。
クワガタといえば昆虫を想像するが、こちらはご覧のように植物。他にもミヤマクワガタとか、ヒメクワガタなどがある。
木漏れ日がスポットのように当たり、花の適期をよりきれいなものに演出してくれていた。
思わずカメラを取り出しシャッターを・・・至福の時である。
c0036317_6595557.jpg

c0036317_70497.jpg

飛騨市神岡町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-07-09 07:09 | 野山の花
<< モリアオガエルの卵 レンゲツツジ >>