シラタマノキ

アカモノの項で触れたシラタマノキは亜高山から高山地帯の植物で、アカモノより上部に自生する。
乗鞍では山麓から見られるが、多いのは長野県側の位ヶ原辺り。
秋には下の写真のように、白い玉のような実を付ける。
この実はサロメチールの香りがして、果実酒にすると何とも言えぬ爽やかさがあって良いものだが、乗鞍は国立公園内なので採取することは出来ない。
山奥の瓦礫地か岩場を探すのが良かろう。
c0036317_6454821.jpg

c0036317_6463538.jpg

c0036317_6461119.jpg

乗鞍岳にて
[PR]
by yoas23 | 2006-07-21 06:49 | 乗鞍岳の高山植物
<< モウセンゴケ 蓮 >>